あごが外れた!?地獄を味わった話。

人生の知恵

※心配しないでください、冷静に対処すれば、あごが外れはすぐに治ります。

その時は突然に

みなさんは、あごが外れた経験ありますか?

私は、このあいだ人生で始めて経験しました。

場所はシャワールーム、時間は早朝。

朝シャワーを浴びていました、私はシャワーを口内にあてる癖があるのでいつものように大きく口を開けたとたん、

 

あれ???口が閉じない?????

 

力いっぱい口を閉じようとしても、骨が固定されているかのようにびくともしません。

怖くなって、同居しているおばあちゃんに「あおははふれは」といったのですが、

最初は信じてもらえませんでした( ;∀;)

状況を遠方の親に電話で「あおははふれは」といって、報告しましたがどうにもこうにも

当時は祝日でした!

ほとんどの病院が開いていません!

そして、結局人生初の救急車で搬送されることになったのです。。。

悪魔のおでまし

救急車で運ばれた先は、家から一番近い私立病院でした。

そこで待ち構えていたのは、救急病院の男の先生でした。

 

「(あごを治すの)やったことないのですがやってみます」

こう言っていました。

本当に初めてだったのでしょうね。

次の瞬間、

ぐぬぬぬーーー

男の力で強引に口を上下に引っ張ってあごの関節を動かそうとしてしました!

はい、私は激痛です( ;∀;)!!!!

これを三回くりかえして

横で見ていたおばあちゃんも、気分を悪くしたのか

看護師に「外に行きましょう」と誘導されてしまいました。

男の先生は「ダメですね、頑張りましたが治せませんでした」といって

専門の看護師がいる病院の紹介状を渡されてどこかへ行ってしまいました。

「何をしてくれたんじゃい、恨んでやる」

私は心の中でそう唱えてしました。

女神のおでまし

結局、治してもらえなかった病院に診察料を払い、タクシーに乗って隣の市の大学病院まで行きました。

途中、口をずっと開けていたので、のどが渇き、息苦しくなったので水を飲もうとしたのですが

はいてしまいまいました。口を閉じれないと呑み込めないのです。。。

病院に着いて、一時間まち、ようやく若い女性の看護師がやってきて、私を見てくれました。

「は~い、ではいきます。」

口の中に指を入れられ、あるポイントを押さえながら

「は~い、噛んでください」

 

パコッ!パコッ!

 

なんということでしょう、一瞬にしてあごが痛くなく治りました👏

やっぱり専門医じゃないとダメなんですね。

本当にありがとうございました、女神さま(´;ω;`)ウゥゥ

まとめ

みなさんもあごが外れたら専門医がいる病院に行きましょう。

大変痛い思いをします。。。

また、休日や祝日でしたら救急車を使うのは正解だと思いますが、くれぐれも一番近い病院でなく、専門医がいるかどうかを確かめて、専門医のいる病院に運んでもらいましょう!