奈良ニュルへのルート教えます!【スタート・ゴール場所】

奈良ニュル 場所 クルマ

知る人ぞ知る、有名スポット!?

今回は、「関東は箱根峠、関西は奈良ニュル」と最近名声を上げつつある奈良県の広域農道に行って、その様子と具体的な場所とルートを調べてきました!

奈良ニュルの評価 (★5点満点)

走りやすさ       ★★★★★

スピードを出したくなる ★★★★

路面状態        ★★★★

楽しさ         ★★★★

交通量の少なさ     ★★★★★

アクセスのしやすさ   ★★★★

追い越し        ほぼ○

制限速度        なし (ただし法定速度60キロ)

総合コメント      安全でとても楽しい

奈良ニュルってどこにあるの?

通称「奈良ニュル」と呼ばれる道路は正式名称は「広域農道」です。広域農道とは農村地域の商品作物を迅速に都市へ出荷できるように国が計画的に整備した農道です。

場所は奈良市から東側に位置する山中にあります。

全体コース図☟(引用:Googleマップ)

片道26.4キロ、時間約35分とかなりデカいです(笑)

2往復した私からコースを分析しますと、名阪国道の小倉ICを中間ポイントと位置付けることができます。

以後、中間ポイントから以北をセクター1、以南をセクター2とします。

今回は北からスタート、南でゴールとします。




セクター1

セクター1は、本場ニュルブルクリンクに似たアップダウンの激しいストレートと緩やかなカーブが続きます☟

 

お世辞でも路面が良いとは言えませんが、かえって長いストレートに緩やかなカーブ、そしてうねる路面がセクター1の魅力です。道幅も十分あります。

スタート地点はヘアピンカーブの先っぽについているような場所にあります(笑)

右赤丸の「湖畔の里つきかぜ」を目印に検索するとわかりやすいです☟

(引用:Googleマップ)

 

スタート地点の写真がこちら☟

我が家のコルト君も一緒に写っています(笑)

東側から見た写真ですが、案内表示もあってわかりやすいですね。

セクター1なのですが、中間ポイントにつく前に交差点を2回通る必要があります☟

(引用:Googleマップ)

 

A交差点は右折してください(北側からみた場合)☟

 

B交差点は左折してください☟

 

道なりに進み、ワインディングロードを楽しみながら、小倉インターへ近づきます。

すると採れたてで新鮮な卵を売ってくださる「吉本エッグファーム」さんが見えてきます

道なりに進むと左手にトンネルが見えてきますので、そこを左折したら小倉インターに到着します。☟

(引用:Googleマップ)

 

帰宅される方は、是非新鮮な卵をお土産にされることをおすすめします!

私もつい、買ってしまいました!おまけで茹で卵いただきました(笑)☟

中間ポイント 小倉IC

小倉ICは名阪国道(無料自動車道)のインターチェンジです☟

奈良ニュルへのアクセスにとても便利です。

奈良・大阪方面は「天理IC」までが無料区間です。

休日の夕方頃は、特に奈良・大阪方面は渋滞になるのでお急ぎの方はご注意ください。

セクター2

セクター2はセクター1に対して、カーブ数が多くテクニカルなコースになっています☟

(引用:Googleマップ)

 

また、非常に路面がきれいで追い越し車線あり全線で追い越し可能です。

(法定速度60キロなので注意しましょう)

路面が綺麗なので走っていてとっても気持ちいいコースです!

ゴール手前には長い直線のトンネルがあります。

ただしトンネル内の道が狭いので追い越しは禁止ですよ!




さて、ようやくゴールです!!!

体感的にはさほど長い距離とは思いませんでした。

すれ違った車、前方に現れた車あわせて15台ほどでした。

ゴール地点の写真です☟

周辺観光スポット

まずゴール地点から約1分の場所に、国宝指定される仏像が数多くのある室生寺があります☟

趣深い古風な街並みと森林に囲まれた空気は都会と比べ物にならないほど気持ちよかったです!

また小腹が空き、店頭で焼きよもぎ餅を売っていたので、食べてみると絶品でした!

また奈良ニュル北端の近くにカフェセブンという車好きのオーナーが開いたお店がありますので、是非足を運んでください!たくさんの面白い車がみれて、クルマ好きの友達ができます!

 

さて今回は、奈良ニュルをご紹介しました。実際、楽しくて2往復してしまいました(笑)

また必ず行きますーーー!

安全に気を付けてドライブを楽しみましょう!ではまた。