大学生でも車を1年間に3台買うことができる!

クルマ



はい、3台買っちゃいました

というのも3台乗り継いだといったほうが正しいかもしれません。経緯はプロフィールで紹介した流れになります。

わたしの場合、ガンガン走る車好きなのでこのような結果になったと言えます。

ちなみに購入、維持にかかった資金はすべてバイトの給料(月平均5~8万くらい)です。

車の購入に一歩踏み出せない大学生やクルマを使いたいという大学生に参考になると幸いです。

 

モットーは最初は安いクルマで練習

大学生といえども、運転歴に関しては0ヵ月~1年という方が多いのではないでしょうか?

やはり運転に慣れていない分、電柱や壁にクルマをぶつけてしまったり、ガリ傷をつけてしまうことが多いです。

そういったことからわたしは最初はぶつけても壊れても金額的に痛くない中古の軽自動車をネットで選びました。

その金額は5万8000円。(車検1年残り)

クルマが本当に5万で買えるのか、100万はするのではないかと思う方がほとんどだと思います。

買えるんです。底辺を見れば。

自分なりに現車確認して試乗して納得ができたので購入しました。個人売買ではなく中古車屋で買いました。

やはり人生初のクルマ購入は心臓バクバクでしたが、ついに手に入りました。

ちなみに費用を極限に抑えるため、自分で陸運局に行き名義変更、自分で自動車保険、自分で駐車場を借りました。

ネットでこういう情報が簡単にみられる世の中になったからこそできたのかもしれませんね。



 

軽自動車は魅力がいっぱい

軽自動車はとにかく維持費が安いです。

維持費とは購入にかかる費用以外のことを指しますが、クルマは一ヵ月に結構お金がかかります。

特に毎年5月に払う自動車税の値段の差が一番大きいです(こちら)。二番目に自動車保険です。

わたしの場合、クルマにかかるすべてのお金を自分で維持しました。

なので普通自動車に比べて格段に安い軽自動車は、バイト収入の学生にとってうれしい味方なのです。

バイクはもっと維持費が安いのですが、1~2名しか乗れず、クルマに比べ長距離移動が疲れる、天候に左右されるというデメリットがあります。

軽自動車は多くて4人乗りまでOK。屋根があるから天候に左右されないというメリットがあります。

またクルマは乗れば乗るだけガソリンがかかります。軽自動車は燃費がいいです。現代のハイブリットカーにも勝るとも劣らないくらい伸びます。わたしの場合、リッター20キロでした。

 

若気のいたりによる事故

やはり若い人の事故率が多いと言われるだけあって、わたしもクルマを大破させてしまいました。

原因は山道の下り、雨の中のなかでスピードを出しながら、カーブでブレーキを強めに踏んでしまったこと。

すると、いきなりスピンし内側のガードレールに前からはじかれてフロント部分が大破してしまいました。

自走不能になり警察と保険のレッカー車を呼び、その日に廃車になりました。体が無事だったことだけが幸いでした。

 

繰り返したあやまち

わたしは同じ車種のクルマを中古車屋で再び購入しました。6万円でした。

雪のシーズンに入りました。スタッドレスタイヤを購入し、知り合いの私有地の広場で滑らして遊んでいました。

そして段々とエスカレートしていき、知り合いの私有地の道路で滑らせて遊びました。するとだんだんと慣れてきて感覚がマヒして操作が雑になりました。そしてついにフタのない側溝に前輪の片輪を落としてしまいました。直後タイヤが変な位置に。

辛うじて自宅に帰れましたが、結果乗り換えなければならなくなってしまいました。

それでもクルマ欲は消えなかった

2台目を手放してから一週間がたって、もうクルマを買わずに大学生活を送ろうと考えたりしました。

しかし、わたしは自分の運転で運転席に座って、遠くや電車やバスでは行けない所にドライブに行く楽しさを忘れることができませんでした。

また、行先の風景と自分と愛車で写真をとるという思い出作りはレンタカーでは味わえない思い出にもなります。

そして現在所有のクルマ、ユーノスロードスターの購入へとつながるのでした。



大事に乗ろうという意識に転換

このユーノスロードスターは、今まではとは違いジモティーという掲示板で個人売買しました。

車検1か月残りという状態で12万円で購入しました。お値段相応で車体にキズがたくさんありましたが、しっかり走行できる状態だったので購入を決意しました。

ユーノスロードスターは世界で最も売れたオープンカーでその名は世界中に有名です。

そんな車がこの価格で買えたことは奇跡に近かったのですが、大人しく乗る分には故障の気配もなく消耗品も割と交換されていたので、とてもいい買い物でした。

このクルマを所有してから、今までは練習車としての意識が高かったのが、クラシックカーとして大事に乗っていこうという意識に変わりました。

27年前のクルマですから決して質が良いとは言えなく、維持費もそれなりにしますが、わたしにとってかけがいのないパートナーとなりました。

 

クルマは替えが利くが、人間は替えが利かない

クルマははっきり言って壊れたらお金さえあれば治せますし、いくらでも替えは効きます。

しかし、人間は一度でも回復しない大怪我してしまったり、事故で死んでしまったらそれでおしまいです。

クルマやその他の乗り物を運転するときは、第一に命を優先することを忘れてはいけません。

 

クルマは楽しいよ!ニーズに合わせて乗ろう!

大学生になったら行動の自由も増えます。

そんなとき友達と一緒に遠出するときは、クルマはとても便利で楽しいです。

わたしのようにクルマを所有したい、またはできないという方はレンタカー比較サイトやAnycaというカーシェアリングアプリ等を使ってカーライフを是非とも楽しんでください!

Anycaには普段乗れないレアな車もあるので車好きのかたは要チェックです!!

くれぐれも安全運転を心がけましょう。