安いタイヤ、ケンダカイザーKR20の評価します!

ケンダカイザー KR20 評価 クルマ

輸入タイヤの評価

近年、アジア諸国のタイヤメーカーが沢山日本に輸入されるようになりました。

その性能はピンからキリまで様々な評価がなされています。

輸入タイヤの魅力は安さにあります。

はっきり言って同サイズ、同グレードの国産タイヤと比べてしまうと国産タイヤが高く見えてしまいます。

ただし、国産タイヤと輸入タイヤを比較すると、開発研究と技術は国産のほうが高く洗練されているのは事実です。

結論、目的用途次第でコストパフォーマンスが変わってっきますので、目的と用途がマッチした場合に輸入タイヤは大いに役に立つでしょう。

ケンダカイザーKR20の会社って?

最近のアップガレージの中古タイヤホイールセットでなんかでよく見るのが、KENDA KAIZER KR20といういうスポーツタイヤ、そう輸入タイヤです。

「ケンダ」という会社は、台湾に本社を置くグローバル企業です。(公式ホームページ

結構、世界各地に輸出されていて自動車競技、自転車競技、スタットレスタイヤまで幅広い分野から支持を得ているようです。

会社は十分信頼できるレベルにあると思います。

ケンダカイザーKR20ってどんなタイヤ?

ケンダカイザーKR20は高性能ラジアルスポーツと位置づけられています。

私の所有するユーノスロードスターのタイヤサイズは185/60/R14ですので、価格は1本約5000円から~というスポーツタイヤにしては激安です。

さて、この値段に対する性能はいかがなものか???

街乗りでの評価は、ドライ路面は全く問題なし、ウェット路面では大人しく走れば問題なし、しかしもっとグリップが欲しいなという印象でした。

スポーツ走行での評価は、ドライ路面はグリップはある程度するがハイグリップタイヤほどの安心感はない、ウェット路面でのグリップは安心できず、スピードを出すのは危険という印象でした。

逆に言えば、グリップの限界が低いので滑り出しがわかりやすく、車の荷重をフロントタイヤにかけないと曲がらないので、クルマをコントロールする技術を高めたいというビギナー向けのタイヤに非常に適していると言えます。

ケンダカイザーKR20の4つの良いところ

まず、見た目がカッコイイです!タイヤのことをあまり知らない方だったら、速いクルマが好きそうだなとわかってしまうようなトレッド(溝の形)です。

次に、タイヤの減らない(長寿命)ということです。私はよくサーキットでユーノスロードスター使ってドリフトの練習をするので、摩耗が少ないのを目で確認することができます。(もともと溝が深いし)

3つ目は、やはりコストでしょう。長寿命でスポーツ走行だってできる、ドリフトしても摩耗が少ないとなればコストパフォーマンスが最高でしょう。

4つ目は、乗り心地がよくとても静かだということです。このタイヤに交換する前のボロいエコタイヤから比較したときに、ものすごいゴムによる段差の吸収力を感じました(笑)スポーツタイヤはゴロゴロといったロードノイズが多いことがよくあるのですが、このタイヤはとても少ないので家族や同乗者に気遣うという点でとてもいいでしょう。

新品タイヤを最も安く買うには?

新品タイヤを最も安く買う方法は、ネット通販で注文し、地元のタイヤ交換専門店に直接送り、取り付けてもらうという流れです。

私の住む町から近いのは「タイヤ交換店ジャッキアップ!」というお店で、とてもリーズナブルな価格でしっかりタイヤバランスをとってくれるのでいつもお世話になっています。

そのお店は、ネット通販から買ったタイヤを直送してOKのお店なので嬉しいです。あなたの住む町にもきっとあると思うので探してみてください!

まとめ

評価を総じてコメントすると、スポーツ走行初心者クルマとドライブが好きなお父さんなどにおススメのタイヤといえます。

性能面では、国産タイヤのセミスポーツタイヤ(ヨコハマのSdriveやダンロップのDZ102)よりは、全然下のレベルです。こちらを経験していると不満がでるかもしれません。

しかし、国産の低燃費タイヤ(ガソリンスタンドに売っているようなタイヤ)よりもはるかにドライ路面で気持ちの良いグリップを発揮してくれるので、低燃費タイヤを選びたくないお父さんにはもってこいでしょう!

ぜひお試しあれ!