本気で「集中力」をあげるシンプルな5つの方法

本気 集中力 あげる 方法 人生の知恵

大事なテストや提出物、仕事の作業に必要な「集中力」はどうしたら高められるのか。

今回は誰でもできる本気で「集中力」を高めるシンプルな5つの方法を紹介したいと思います。

大テーマ:環境を整える

オーソドックスな方法ですが、即効でできます。今の世の中、あらゆる場所に誘惑が転がっています。

作業にいらない余計なものはさっさと排除してしまいましょう~

 

①スマホはいらない

その中でも一番厄介なのがスマホです。スマホはゲーム、ライン、YouTube、音楽が楽しめますのでずっと体のそばに置いておきたいと思いますが「集中力」の敵です。今すぐそばに置くのをやめましょう。もしくは電源を切ります。

そして集中するときはスマホの存在を脳から消去しましょう。

でも調べたいものが調べられないというときには電子辞書をおすすめします。現在市販されている電子辞書であれば大抵のことは調べることができます。

 

②誘惑のない空間へ

また漫画やテレビ、雑誌、ベッド、パソコン、ゲームのない空間に移動しましょう。一切、集中したいもの以外に目に触れてはいけません。

学生であれば学校、図書館で周りに真剣に勉強している人がいるところをあえて選びましょう。

社会人であれば、パソコンを使う仕事が多いと思うので、作業中は趣味のサイトやゲーム、YouTubeを開けないように極力オフラインにしましょう。

 

③無駄な音楽を聞かない

音楽を聴きながら作業をするのは楽しくて集中できると言う人もいますが、私の場合は無音のほうが集中できます。

どうしても音がないと集中できないという人は歌詞のついていないメロディーにしましょう。

 

④時間を気にしない

本気でその作業を終わらせるなら、その日その時で終わらせる覚悟で取り組みましょう。

つい時計を見て、作業した時間に満足したり区切りがいいから中断してしまいがちです。いけません。

成果と結果でやめることを決断しましょう。つまりノルマを事前に決めておくのです。

ノルマは多すぎても少なすぎてもダメです。一週間、一か月、一年規模で計画的に考え、適切に設定しましょう。

 

⑤鬼の精神、神の領域に入る

「精神は無限の可能性を秘めている」という言葉はある意味、的を得ていて、物凄く士気が高まります

「私はである、この目標物以外まったく興味がない」という鬼の精神を持つこと。

「私はである、一切の俗との関係を遮断する」という神の領域に入ること。

この精神状態に一度入れさえすれば、大抵の誘惑に打ち勝ち極度の集中することができます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか、即効でできる本気で「集中力」を高める方法を集中して紹介してみました。

正直、最初から集中できる人にとっては当たり前じゃんと思われると思います。

しかし、私のようにいくら集中しようとしても誘惑に負けてしまうタイプの人はこのシンプルな5つの方法を守れば、必ず長時間集中することができるとお約束します。

この方法を実践して私と一緒に勉強、仕事がんばりましょう!!!